Japanese
English

新着情報

 

「緊急情報ネットワーク表示システム」と「電気錠」の連動に成功しました!

弊社で取り扱っている『緊急情報ネットワーク表示システム』に加えて、
『電気錠』を連動出来る事になりましたので、お知らせいたします。



◆『緊急情報ネットワーク表示システム』と『電気錠』を組み合わせて、実現できる事
・「津波警報」の発令時、津波避難ビルなどが無人の場合でも瞬時に鍵を開け、
  周辺住民を津波から避難させる事が出来る。

 

・「緊急地震速報」の発報時、避難所の開設や備蓄倉庫の解錠など、
  普段開ける事がない場所でも、瞬時に鍵を開けて、災害対応を迅速に行える。


・その他にも、電気錠なら緊急時以外でも活用出来て、鍵の管理と運用を遠隔で行えます。

 

※デモンストレーション

 

 


『緊急情報ネットワーク表示システム』は、『電気錠』を連動させて、『避難情報システム』へ進化しました!!

「地震解錠ボックス」&「リモート解錠BOX」の販売開始!!

この度、避難施設の鍵保管庫として、
以下の2製品を取り扱えることになりましたので、お知らせいたします!



※避難施設の鍵保管庫とは??
通常、防災倉庫や津波避難タワー、避難所などは、夜間や休日などの場合、施錠されている所がほとんどです。
そのため、災害発生時に一刻も早く解錠する事が必要となり、鍵の管理者が現地へ駆け付けますが、被災状況により遅れたり、辿り着けない状況が予想されます。

 

「避難施設の鍵保管庫」は、災害(台風、大雨、地震など、、)の鍵の保管庫となり、
各避難施設に取り付けることで、鍵の管理人が鍵を持って駆けつけなくとも、
現場での対応が可能になり、管理者の人的負担の軽減と避難者の迅速な避難が確実になる製品です。




◆新取扱製品

①『地震解錠ボックス』
・地震が起きた際に、自動で解錠
・電気・電池を一切使用せず、全て機械式
・インターネット回線も不要

 



②『リモート解錠BOX』
・台風、大雨、土砂崩れなどの災害時に、遠隔(リモート)で解錠、施錠の操作可能
・地震が起きた際は、自動で解錠
・WEB管理ページにて、同時に複数箇所の状況把握が可能


 

 

現状の鍵の管理方法に加えて、上記の製品を導入することで、
いざという時の避難を確実にする事が実現出来ます!!

「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」で取り上げられました!!

沖縄の日刊新聞「琉球新報」の副読紙「週刊レキオ」にて、
エーテックの取り組みが、紹介されました!!
私達は、地震・津波の発生時に、少しでも被害を減らせるシステムを提供したいとの思いがあり、活動しています。

 


”あなたは、大地震から逃れるを持っていますか? ”
沖縄県内でも、過去に大津波による被害が起きていますよ〜!

 

週刊レキオ「島ネタCHOSA班」2021年03月18日[No.1871]号

テレビ報道のお知らせ!

当社の取り扱いシステム、「EWSシステム」について、
3月12日(金)18時15分から放送の Qプラス(琉球朝日放送)で放送されます。


弊社代表のインタビューとEWSシステムの紹介、
県民の危機意識についてなどが、収録されています。

 

※実際に放送された映像は、こちら(万が一への備え「災害情報」の発信・入手どう考える)  よりご覧いただけます。

YouTubeチャンネル開設のお知らせ!

ご連絡が遅くなりましたが、
この度、動画を活用したお客様への情報提供を目的にYouTubeチャンネルを開設致しました。

エーテック沖縄 公式YouTubeチャンネル

 

弊社の取り扱い製品などを主に、随時配信していく予定です! 
ぜひチャンネル登録と高評価ボタンをお願いします!


記念すべき第1弾の動画は、
「緊急情報伝達システム」の紹介です。人の命を助けたいとの思いがあって、新しい仕組みを作りました。

 



そしてなんと……続々と動画を配信中!
地震、津波、熱中症、防犯、SOS、鍵管理 など、、いろいろな取り扱い製品の紹介動画をアップしております!

 

ぜひ見てくださいね〜★

サブカテゴリ